足のしびれ 原因 治療

足のしびれ手足のしびれは普段からも感じることはよくあると思います。スポーツを行って筋肉が疲労している時や重い荷物を持った後、長時間歩いたときなどに現れると思います。

この場合の手足のしびれは原因がハッキリとしていて、筋肉が疲労していることと考えられます。このような手足のしびれは、時間が経てば回復して症状もなくなります。
スポンサードリンク

ヘルニアと足のしびれの関係

足のしびれの原因が腰にある場合は、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症が発症していることが考えられます。

 

足のしびれよりも腰の痛みが強い椎間板ヘルニアやぎっくり腰は、その痛さに耐えられず、多くの方は足のしびれで病院を受診するのではなく、腰の痛みで受診される方がほとんどです。この為に、直ぐに原因が腰であることが解りますので適切に治療することになります。

 

変形性脊椎症が足のしびれの原因である場合、椎間板ヘルニアやぎっくり腰のような強い腰の痛みがありませんので、足のしびれと腰の痛みを感じ、両方の原因を受診される方が多いでしょう。
病院で検査をすれば変形性脊椎症であることは直ぐにわかりますので、適切に治療を行うことになります。

 

また、足のしびれが腰にある場合、腰に腫瘍や血栓ができていることがあります。この場合は、腫瘍や血栓が腰の辺りの神経を圧迫して、足にしびれを起こすものです。この場合の神経を刺激するときは、足のしびれの他に知覚異常を起こすこともあります。

 

腰に原因がある場合は脊柱管狭窄症が原因の場合もあります。この脊柱管狭窄症が原因の場合は、背骨に通っている神経の束を覆っている脊柱管が狭くなることで神経を圧迫して、足のしびれや腰の痛みを起こします。この場合も腰に強い痛みを生じますので、足のしびれの原因が腰にあることは直ぐにわかります。

 

また、レントゲン検査やMRI検査で脊柱管狭窄症は発見できますので、直ぐに治療にあたることができます。いずれの場合にも腰に痛みを感じますので、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。