足のしびれ 腰 病気 原因 治療

足のしびれ手足のしびれは普段からも感じることはよくあると思います。スポーツを行って筋肉が疲労している時や重い荷物を持った後、長時間歩いたときなどに現れると思います。

この場合の手足のしびれは原因がハッキリとしていて、筋肉が疲労していることと考えられます。このような手足のしびれは、時間が経てば回復して症状もなくなります。
スポンサードリンク

腰の病気と足のしびれ

足のしびれが起こる場合は変形性脊椎症が原因として考えられます。変形性脊椎症は足のしびれとともに腰痛や起こし腰のだるさも起こることがあります。

 

近年は脊柱管狭窄症の患者さんに高齢者が増加していて、腰痛や足のしびれが年齢によるものと考えず、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

脊柱管狭窄症は、背中に通っている神経の束を覆っている管である脊柱管が狭くなることで、そこを通っている神経を圧迫して、足のしびれや痛みを起す病気です。

 

脊柱管狭窄症は足にしびれを起こす他に、腰に痛みを起こす症状があり、椎間板ヘルニアのように辛い痛みほどではないようです。
椎間板ヘルニア、変形性脊椎症などは、病院でレントゲン撮影やMRIによる検査で発見することができますので、足にしびれがあり、腰にも痛みを生じている場合は早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

足にしびれがある原因が腰にある場合は、椎間板ヘルニアやぎっくり腰が原因の場合もあります。このような腰に原因がある場合は、足のしびれよりも腰の痛みの方が強く、このような状態になった方は直ぐに病院へ駆け込むことと思います。

 

この他に腰に原因がある足のしびれには、腰に腫瘍や血腫ができている場合があります。この場合は腫瘍や血腫が神経を刺激して足にしびれを起こすもので、しびれの他に知覚異常が起こることがあります。

 

いずれの原因の場合においても、早めに病院で診察することをオススメします。