足のしびれ 指 原因 治療

足のしびれ手足のしびれは普段からも感じることはよくあると思います。スポーツを行って筋肉が疲労している時や重い荷物を持った後、長時間歩いたときなどに現れると思います。

この場合の手足のしびれは原因がハッキリとしていて、筋肉が疲労していることと考えられます。このような手足のしびれは、時間が経てば回復して症状もなくなります。
スポンサードリンク

足の指先のしびれ

手足にしびれがある場合でも特に、足の指先にしびれがある場合は血管性が原因でしびれが起こっていることが考えられます。

 

血管性が原因のしびれは、手足の先の方である、身体の中心より遠い方から現れる特徴があります。血管性のしびれで考えられる原因としては、糖尿病に罹っている方が毛細血管に障害が起こることが原因の神経障害です。

 

糖尿病に罹っている方で、血糖コントロールがうまくいっておらず、日常より血糖値の高い状態が続いていると、血管の細い毛細血管から障害を受け、神経が破壊されてしびれが起こります。

 

糖尿病の場合は特に足の指先にしびれが起こります。糖尿病治療を行っている方は、普段より足の指先のしびれは注意して、しびれが現れたときは主治医に申し出て治療を行いましょう。
壊疽といった重篤なケースも考えられますので、特に注意しましょう。

 

足の指先のしびれには、しびれから痛みを感じる場合があります。この場合は間欠性破行と呼ばれる症状で閉塞性動脈硬化症に罹っている疑いが考えられます。これは高齢の方に診られる症状ですが、高齢で多くの方は多少ではあっても動脈硬化が診られるもので現れるものです。

 

また、同じ姿勢を長時間取っているときにも現れる症状ですが、しびれと共に痛みも伴うこともあります。原因である動脈硬化は、日常の生活習慣から起こるものですから、普段より生活習慣病に気を付けることが大切になります。