卵巣がん 腹水 治療 再発 転移

足のしびれ卵巣にできる腫瘍は、85%が良性のもので、がんへと進行する悪性のものはわすか15%という統計があります。

卵巣にできる腫瘍は上皮性腫瘍というものが最も多く、この腫瘍は良性のもの、悪性のもの、良性と悪性の中間的な中間群の腫瘍があります。
スポンサードリンク

転移しやすい卵巣がんと腹水、転移しにくい卵巣がん

卵巣がんには二つのタイプに分かれます。そのタイプはがん細胞が他へ転移しやすい卵巣がんと、転移しにくい卵巣がんのタイプです。

 

転移しやすい卵巣がんは、がん細胞が発症すると、卵巣内でがん細胞が増えて腫瘍を大きくする前に、他の部位へ転移します。転移しやすい卵巣がんはその症状として、腹水がたまる症状や胸水がたまる症状が現れます。

 

卵巣がんが発症した患者さんの多くは、初期症状が乏しいのでこのような症状が現れて、始めて卵巣がんに気付く方が多くなります。

 

もう一方の転移しにくい卵巣がんのタイプは、卵巣内にがん細胞が長期間とどまり、卵巣内で腫瘍を大きく成長させます。その為に初期症状がほとんどなく、がん細胞が成長して腫瘍を大きくし、腹部に圧迫感や下腹部にしこりがあるような違和感を感じたり、尿の回数が増えるといった頻尿になります。

 

頻用になる理由は膀胱が大きくなる腫瘍で圧迫されるからです。このような症状が現れてはじめて卵巣がんであることがわかります。

 

どちらの卵巣がんの場合においても、初期症状が乏しいので発症の発見が遅れます。卵巣がんにおいても早期に発見して早期に治療にかかることが望ましいのですが、卵巣がんの患者の3分の2の方は、これらの症状が現れて始めて発見されます。

 

卵巣がんの早期発見には婦人科で定期的に検診を受けることオススメします。