卵巣がん 症状 抗がん剤 効果

足のしびれ卵巣にできる腫瘍は、85%が良性のもので、がんへと進行する悪性のものはわすか15%という統計があります。

卵巣にできる腫瘍は上皮性腫瘍というものが最も多く、この腫瘍は良性のもの、悪性のもの、良性と悪性の中間的な中間群の腫瘍があります。
スポンサードリンク

卵巣がんと抗がん剤の効果

卵巣がんの治療には外科療法、放射線療法、化学療法が行われます。卵巣がんの特徴としては、がんの治療薬である抗がん剤が、がん細胞に対して効率よく効果的に効くという点です。

 

この為に抗がん剤を静脈注射で投与したり抗がん剤の内服薬を服用します。ただ、卵巣がんが進行して脳へ転移が診られる場合は、放射線療法が効果的にがんに効きます。

 

卵巣がんが再発した場合にも、その卵巣がんには抗がん剤が有効に効きます。また、再発した卵巣がんの場合、最初に使った抗がん剤が有効にがん細胞に効いていれば、再発したがん細胞に対しても有効に効きます。

 

しかし、最初の抗がん剤が有効に効かなかった場合は、再発したがん細胞に対しても有効に効かず、この場合は新薬の抗がん剤を投与します。

 

このときの投与される抗がん剤は新薬であるために、保険適用外であったり、新薬であるために臨床試験として投与されうことがありますので、治療費が高額になることがあります。

 

卵巣がんの治療は、現在最も多くの患者に効果的に有効な治療法が行われます。この治療法は標準治療といい、がん患者にとってはこの治療法に不満が残る方もいます。

 

新しい治療法を受けたい場合は、臨床試験として新しい治療を受けることになります。ただ、臨床試験の治療を行っている病院は限られていますので、行っている病院へ行く必要があります。

 

新しい治療法については主治医と十分に相談して、治療法を取り入れるか検討しましょう。