卵巣がん 初期症状 治療

足のしびれ卵巣にできる腫瘍は、85%が良性のもので、がんへと進行する悪性のものはわすか15%という統計があります。

卵巣にできる腫瘍は上皮性腫瘍というものが最も多く、この腫瘍は良性のもの、悪性のもの、良性と悪性の中間的な中間群の腫瘍があります。
スポンサードリンク

初期症状の少ない卵巣がん

卵巣がんの初期症状はほとんど感じることはなく、卵巣がんの発見は遅れる傾向にあります。

 

卵巣がんを発症した3分の2の患者は、卵巣がんが進行して症状が現れるまで発見できなかったり、がんが他の部位へ転移してから発見する場合になります。

 

卵巣がんが早期に発見される場合は、婦人科で検診を受けたときに偶然に発見された場合や、がん検診などの定期検診で発見される場合です。卵巣がんを早期に発見するには、普段より婦人科で定期的に検診を受けることが重要になります。

 

卵巣がんの種類にはふたつの種類に分類され、それは転移しやすい卵巣がんと転移しにくい卵巣がんです。転移しにくい卵巣がんは、がんが発症してもがん細胞が卵巣内にとどまり、他への転移をしないタイプになります。

 

その為に自覚症状もわかりにくく、異変を感じたときにはかなり腫瘍が大きくなっていて、下腹部にしこりのある感じを受け、膀胱が腫瘍で圧迫されて頻尿になり、腹部に圧迫感を感じます。
このような症状が現れて始めて卵巣がんがわかる方がほとんどです。

 

また、転移しやすい卵巣がんは、卵巣内で発症したがん細胞が成長する前に、他へ転移します。卵巣がんが転移すると腹水や胸水が溜まるといった症状が現れますので、この症状で卵巣がんが発見されます。