卵巣がん 生存率 再発 転移

足のしびれ卵巣にできる腫瘍は、85%が良性のもので、がんへと進行する悪性のものはわすか15%という統計があります。

卵巣にできる腫瘍は上皮性腫瘍というものが最も多く、この腫瘍は良性のもの、悪性のもの、良性と悪性の中間的な中間群の腫瘍があります。
スポンサードリンク

卵巣がんの再発と生存率

卵巣がんを発症して治療をこない、経過も良く消えたかと思っていても、数年後に再発する恐れがあります。本の和す仮字がん細胞が残っていた場合や、他へ転移した場合などいろいろあります。

 

卵巣がんの再発の場合、その治療法は摘出手術、化学療法、放射線療法が行われます。再発した卵巣がんが転移もなく、限られた範囲にある場合はがんの切除手術を行い、がんを取り除きます。

 

卵巣がんは抗がん剤の効果がよいと言われていますので、抗がん剤の化学療法を行います。
以前に使った抗がん剤の効果ががんに対して良い結果を出していれば、再発した卵巣がんにも同じ抗がん剤を使います。

 

卵巣がんは再発したがんにも同じ抗がん剤が有効と言われています。しかし、以前に使用した抗がん剤にあまり効果がなかった場合は、その後に新たに開発された新薬の抗がん剤が使われます。

 

このようなケースで使われる新しい抗がん剤は、新薬であることから保険適用外であったり、新薬の臨床試験として使われることで、治療費が高くなることがあります。再発したがんが脳に転移している場合には放射線療法が行われます。

 

病院によって卵巣がんの生存率を発表していますが、患者の年齢や他に疾患があるかによって病状は変わりますので、参考にはなりません。あくまでも参考として考えるようにして下さい。