卵巣がん 治療法 再発 転移

足のしびれ卵巣にできる腫瘍は、85%が良性のもので、がんへと進行する悪性のものはわすか15%という統計があります。

卵巣にできる腫瘍は上皮性腫瘍というものが最も多く、この腫瘍は良性のもの、悪性のもの、良性と悪性の中間的な中間群の腫瘍があります。
スポンサードリンク

卵巣がんの治療法

卵巣がんの治療法は外科療法、放射線療法、化学療法の治療法があります。この治療法の選択は、血液検査や腫瘍マーカーで検査を行って、卵巣がんの状態を検査して、どの治療法で行うか検討します。

 

さらに卵巣がんの検査では超音波、CT、MRIを行い、卵巣がんの進行状況を現すステージを診断し、他の部位への転移がないか調べ、転移がある場合はどの程度進行しているのか診断します。

 

これらの検査結果を基に治療法を選択し、いくつかの治療法を併用して行うこともあります。
実際の治療においては、卵巣がんは抗がん剤の効果が良いと言われていて、抗がん剤を静脈注射で投与したり内服します。

 

卵巣がんが転移する場所は脳への転移がみられ、このような場合は放射線療法が行われます。

 

卵巣がんの治療には、患者個人の状態によって治療法が選択されますが、一般的に標準治療と呼ばれる、現在の卵巣がんの治療に最も有効で適していると考えられている治療法が行われます。

 

しかし、これは卵巣がんの患者の症状を標準化した治療法なので、患者個人とすれば不満の残る治療法になります。

 

卵巣がんの新しい治療法は研究・開発されていますが、この治療法を受けるには臨床試験として新しい治療法を受けることになります。この臨床試験は行われている病院が限られていますので、なかなかこれを選ぶことはできません。