卵巣がん 症状 治療 再発 転移

足のしびれ卵巣にできる腫瘍は、85%が良性のもので、がんへと進行する悪性のものはわすか15%という統計があります。

卵巣にできる腫瘍は上皮性腫瘍というものが最も多く、この腫瘍は良性のもの、悪性のもの、良性と悪性の中間的な中間群の腫瘍があります。
スポンサードリンク

卵巣がんの原因について

卵巣がんの90%は上皮性腫瘍の悪性のものががん化したもので、最も多い卵巣がんの種類になります。
また卵巣がんには卵子のもととなる胚細胞から発症する卵巣胚細胞腫瘍があります。

統計では卵巣がんの患者が増える年齢は40歳代以降で、50歳代以降に卵巣がんでの死亡率が高くなっています。

卵巣がんにかかる方には家族歴がある方が多く、家族に卵巣がんの発症歴がある方に発症する割合が高くなっています。ただ、家族歴がある方でも卵巣がんが発症していない方もいますし、反対に家族歴がないのに卵巣がんが発症する方もいます。

卵巣がんの発症する方の傾向として、出産歴がない方や骨盤内炎症性疾患、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症などの病歴がある方、肥満体型の方、不規則な食事や栄養バランスの悪い食事を取っている方、排卵誘発剤を使用したことがある方、ホルモン補充療法を行ったことがある方などに、卵巣がんが発症しやすいという報告があります。

しかし、いずれの場合においても明確に実証することはできず、発症の原因についてはハッキリとしたことはわかっていません。