子宮内膜症 症状 治療 不妊

子宮内膜症子宮内膜症という病気をご存知でしょうか。病名を聞いたことある方もいますでしょうが、女性特有の病気です。
子宮内膜症は20歳から30歳代の女性の方に多く発症し、症状が進行すると痛みを生じてきます。これは卵巣がんへ進行する場合や不妊の原因にもなりますので、放置せずに適切な治療が必要になります。
スポンサードリンク

子宮内膜症の症状について

子宮内膜症の症状で最も多い症状は、辛い月経痛です。この月経痛は病状が進行するとともにどんどんと酷くなり、市販されている生理痛の薬では効果が効かなくなります。痛みがさらに酷くなると日常生活にも支障をきたすようになり、仕事を持っている方はこれができなくなります。

 

痛みの症状は下腹部だけでなく、腰や骨盤、肛門の奥まで感じることもあり、これらの痛みだけでなく吐き気や下痢をもよおすこともあります。

 

子宮内膜症の辛い痛みは、症状が進行して癒着が進むと、月経以外の時にも下腹部や腰の辺りにに痛みが出るようになり、さらに性交の時にも痛むようになります。

 

子宮内膜症のできている場所によって、痛みの感じる場所も変わってきます。
直腸にできた子宮内膜症の場合、排便の時に痛みを感じるようになり、下痢になりやすくなります。子宮内膜症が膀胱の近くにできた場合は、排尿の時に痛みを感じて頻尿になる場合もあり、酷くなれば血尿が出ることもあります。

 

子宮内膜症が初期の時の月経の傷みは、普段の生理痛と思いますが、我慢できないほどの痛みを感じる場合は子宮内膜症を疑って、病院での診察をオススメします。

 

子宮内膜症の痛みは明らかに普段の生理痛とは違う強い痛みに襲われます。日常生活に支障をきたすような強い痛みがある場合は、放置せずに早めに治療を行いましょう。