子宮内膜症 症状 治療 不妊

子宮内膜症子宮内膜症という病気をご存知でしょうか。病名を聞いたことある方もいますでしょうが、女性特有の病気です。
子宮内膜症は20歳から30歳代の女性の方に多く発症し、症状が進行すると痛みを生じてきます。これは卵巣がんへ進行する場合や不妊の原因にもなりますので、放置せずに適切な治療が必要になります。
スポンサードリンク

子宮内膜症ができやすい場所

子宮内膜症とは月経血の中に含まれる、受精しなかった卵や子宮内膜の剥がれ落ちたものが体外に排出されずに、子宮や卵巣にとどまって着床し、腫瘍となって痛みや出血を起こす病気です。酷い月経痛があるときや月経血が多いときは子宮内膜症の疑いがありますので、病院で診察を受けるようにしましょう。

 

子宮内膜症は発症しやすい場所がありますので、それぞれの子宮内膜症についてご紹介します。

 

子宮内膜症の発症しやすい場所には卵巣があります。卵巣にできる子宮内膜症は「チョコレートのう胞」といい、卵巣に溜まった血がチョコレートのように見えることからこのように言います。

 

卵巣に発症した場合は他の臓器と癒着しやすいので、強い痛みが起きる可能性があります。卵管にも子宮内膜症は発症しやすく、卵管をふさぎますので不妊症の原因になります。

 

子宮の筋層内にできる子宮内膜症は子宮腺筋症といい、腫瘍が大きくなり子宮筋腫を合併する場合があります。直腸の近くにできることもあり、この場合は排便痛、下痢、血便などの症状があります。

 

また、膀胱の近くにも発症し、この時の子宮内膜症の症状は、頻尿になり排尿痛があり、血尿が出ることもあります。子宮と直腸の間にあるダグラス窩(か)に発症する子宮内膜症は、月経痛、排便時の痛み、性交痛などが起こります。

 

子宮内膜症は至る所に発症し、適切な治療を行わなければ深刻な事態になる可能性があります。