子宮内膜症 症状 治療 不妊

子宮内膜症子宮内膜症という病気をご存知でしょうか。病名を聞いたことある方もいますでしょうが、女性特有の病気です。
子宮内膜症は20歳から30歳代の女性の方に多く発症し、症状が進行すると痛みを生じ、卵巣がんへ進行する場合や不妊の原因にもなりますので、放置せずに適切な治療が必要になります。
スポンサードリンク

子宮内膜症の基礎知識

女性の月経血は子宮内膜の剥がれ落ちたもので通常、多いときや少ないときはあっても子宮口から排出されますが、月経血には受精しなかった卵や子宮内膜細胞が混入していて、子宮口、膣を通って排出されます。

しかし、これが子宮以外の場所に癒着し組織を広げ子宮内膜に似たものを作ります。この子宮内膜に似た組織は、月経の度に出血を起こすようになりますが、出血した血は体外に排出されるところがなく、癒着した部分にどんどんと溜まっていきます。

出血した血が溜まった部分が、さらに月経で出血する度に大きくなり、ひどい月経痛、骨盤の痛み、性交痛、排便痛などが起こるようになります。
このような月経痛を感じ始めたら直ぐに産婦人科で診察を受けるようにしましょう。

子宮にできた子宮内膜症は良性の腫瘍ですが、放置してよいものではありません。放置すると骨盤内の臓器と癒着して不妊の原因になるほかに、卵巣内にできた子宮内膜症であれば、卵巣がんへと変異することも考えられますので、治療を続けながら経過観察が大切になります。

子宮内膜症の治療は、薬物療法によるホルモン療法と対処療法があり、整理をコントロールする治療やピルを使うこともあります。
また、手術療法では病巣を切除しますので、妊娠の意思があるかを十分に検討しなければなりません。