花粉症 治療 西洋医学

花粉症 治療花粉症を克服するには、花粉症の治療薬だけに頼ってもなかなか克服できません。
花粉症のようにアレルギー症状のある疾患を改善するには、体質改善が重要で、体質を改善するには日常の食生活を正しく変えることが大切になります。
体質改善の基本は、身体に必要のないものは摂らないという考えです。
スポンサードリンク

西洋医学で花粉症を克服しよう

花粉症の治療にはいろいろな治療法がありますが、西洋医学ではどのようなものがあるでしょうか。西洋医学が行っている花粉症の治療法をご紹介します。
花粉症はアレルギー疾患の一つですが、花粉症を克服する治療法には大きく4つの治療法があります。それは補助的療法、薬物療法、免疫療法、手術療法です。

 

補助的療法は簡単に言えば生活環境を整えることです。花粉が飛び散らないように小まめに掃除を行うことや、布製のものに花粉が付きやすいので付かないように工夫をする、部屋に入った花粉を空気清浄機を使って取るなどといった、日常生活における工夫です。この他には耳鼻咽喉科で行う吸引も補助的治療法になります。

 

薬物療法は花粉症の治療薬のように、抗ヒスタミン剤を使い、鼻づまりやくしゃみ、鼻水の症状の改善を行います。

 

免疫療法は花粉症のアレルギー症状の原因になっているアレルゲンを、希釈したアレルゲンエキスを皮下注射で投与して体質改善を行う治療法です。免疫療法は即効性はありませんが時間をかけて持続性の長い治療法になります。

 

手術療法は、現在行われている治療法ではレーザーによる治療法です。花粉症で酷い鼻づまりに悩まされている方に、レーザーを使って鼻の粘膜を焼き、花粉が鼻の粘膜に付きにくくして花粉症の症状をなくします。花粉症のレーザー治療は小学生以上が対象で、焼かれた鼻の粘膜は再び元に戻りますので安心して行える治療法です。

 

花粉症を克服する治療法は、症状によっても治療法が変わりますので、医師とよく相談しましょう。