花粉症 治療 免疫療法

花粉症 治療花粉症を克服するには、花粉症の治療薬だけに頼ってもなかなか克服できません。
花粉症のようにアレルギー症状のある疾患を改善するには、体質改善が重要で、体質を改善するには日常の食生活を正しく変えることが大切になります。
体質改善の基本は、身体に必要のないものは摂らないという考えです。
スポンサードリンク

花粉症の克服と免疫療法

花粉症を克服する治療として免疫療法があります。花粉症の免疫療法はアレルゲン特異的免疫療法(減感作療法)といい、克服できる、長期的な効果が期待できる治療法です。

 

このアレルゲン特異的免疫療法は、花粉症のアレルギーの原因となる花粉やホコリなどのアレルゲンを、最初は少量から始めて少しずつ増やして、皮下注射で投与していきます。アレルゲンを投与することで少しずつ体質を改善していき、最終的に花粉症を克服する治療法です。

 

この治療法は即効性はありませんが、ゆっくりと時間をかけ体質改善を行い、長期的効果の持続で花粉症が克服できます。長年、花粉症に悩まされてきた方には、克服のできる治療法です。

 

アレルゲン特異的免疫療法は、花粉症治療の一環として行う治療法で、花粉症が克服できたかという判断は、その症状に個人差があり、また、花粉の飛散量は毎年違いますので、明確な数値で示すことはできませんが、克服できたかの判断は症状がどの程度改善できたかで判断します。

 

治療方法は、花粉症のアレルギー症状を起こす原因のアレルゲンを、希釈したアレルゲンエキスにして、週に1〜2回の通院をして投与し、アレルゲンエキスを少しずつ増やしながら4〜8週間行い、エキスの投与量の維持量の目安を決めます。

 

皮下注射でアレルゲンエキスを投与しますので、投与して30分はアナフィキラシーショックが起こらないか様子を見ます。