花粉症 克服 抗ヒスタミン

花粉症 治療花粉症を克服するには、花粉症の治療薬だけに頼ってもなかなか克服できません。
花粉症のようにアレルギー症状のある疾患を改善するには、体質改善が重要で、体質を改善するには日常の食生活を正しく変えることが大切になります。
体質改善の基本は、身体に必要のないものは摂らないという考えです。
スポンサードリンク

花粉症の克服と抗ヒスタミン

花粉症の治療薬として最もよく使われている薬に抗ヒスタミン剤があります。花粉症の症状でくしゃみや鼻水が出るのは、鼻の粘膜に付いた花粉が刺激になって、身体の細胞からヒスタミンが放出され、神経に働きかけて起こります。

 

抗ヒスタミン剤は、このようなヒスタミン働きを抑制して、くしゃみや鼻水の症状を抑えます。この抗ヒスタミン剤は、第一世代抗ヒスタミン剤と第二世代抗ヒスタミン剤があり、現在使われている抗ヒスタミン剤は第二世代抗ヒスタミン剤です。

 

このふたつの抗ヒスタミン剤の違いは、第一世代抗ヒスタミン剤は以前によく使われていたものですが、服用してからの効果が早いですが眠くなる症状が強く、昼間に車を運転する方など服用するとさまざまなことに障害があり、また、異常に喉が渇く症状があり、第一世代抗ヒスタミン剤が飲めない方がいました。

 

そして、その後開発された第二世代抗ヒスタミン剤は、効果が現れるまでに時間がかかるものですが、効果も持続性が長くなりました。また、比較して第二世代抗ヒスタミン剤は鼻づまりに効果があると言われます。さらに、強い眠気があった点も改善され、全く眠気がなくなり昼間に車の運転を行う方にも服用できるようになりました。

 

第二抗ヒスタミン剤には、ジルテック、アセプチン、アレジオン、クラリチンなどいろいろな種類があり、それぞれの症状に合わせて処方されます。また、これらは効果が出始めるまでに時間がかかりますので、花粉症のシーズンに入る前に、花粉症の予防として1月〜2月頃から飲み始める方もいます。