結膜炎で目が充血した場合

足のしびれ手足のしびれは普段からも感じることはよくあると思います。スポーツを行って筋肉が疲労している時や重い荷物を持った後、長時間歩いたときなどに現れると思います。

この場合の手足のしびれは原因がハッキリとしていて、筋肉が疲労していることと考えられます。このような手足のしびれは、時間が経てば回復して症状もなくなります。
スポンサードリンク

結膜炎で目が充血した場合の見わけ方

結膜炎での目の充血の見分け方として一番分かりやすいのがまぶた部分の充血です。結膜炎の場合にはまぶたにも充血が見られるのです。

 

これは白目部分の結膜とまぶたの結膜とは元々一枚で繋がっているからです。

 

それから充血以外にも目やにが出ていたり痛みがあったり、かゆみを伴ったりと他の症状も伴うのが結膜炎の特徴だといえます。疲れ目などからくる充血であれば充血だけなので目薬などを差すと改善されるのです。

 

結膜炎の場合には感染性のことがあるので早めに診断を受け対処する必要があります。例えばタオルやお風呂などの水を介して感染してしまうからです。

 

また、結膜炎では潜伏期間があるので感染していたとしてもすぐには発症しないことがあります。この期間に感染が広がる可能性があるので、いつもとは違う症状があればすぐに対応した方が良いのです。

 

結膜炎の特徴としては他にも鮮やかな赤であったり、周辺部が特に赤くなるといった点もあります。何らかの原因が思い当たらない場合にはやはり病院を受診して医師の診断を仰いだ方が良いでしょう。

 

例えばパソコンを長時間行なっていたとかテレビをずっと見ていたとすれば疲れ目による充血だと気づけるはずです。しかし、プールに行った後に何だか目が赤くかゆみもあるといった場合には結膜炎を疑った方が良いからです。

 

結膜炎の場合にはアレルギーから来ていることもあるのでその場合には対処の仕方が異なります。適切な処置を行なわないと重度になってしまうので気をつけましょう。