目の充血の原因と治し方

目の充血の治し方目の充血の原因は、基本的には目の疲れからくることが多いです。しかし、結膜炎や強膜充血などの場合もあるので、放置しておくのはよくありません。
最近はドライアイやコンタクトが原因による充血が増えています。目を休めればすぐ解消するものもありますので、焦らずに対処してください。
スポンサードリンク

目薬しても目の充血が治らない場合の対処法

タオルを使った対処法
目薬でも充血が改善しなかった場合にはまずタオルを使った対処法があります。 それが温タオルと冷タオルを使う方法です。

まず濡らしたタオルを電子レンジ等で1分ほど温め、それを目の上に乗せます。 ほんのり温かいくらいが良いので熱すぎる場合には冷まして使いましょう。 通常の場合なら、10分程度温めることで充血が改善されるはずです。

もし充血だけでなく痛みも伴うようなら冷タオルを使うようにしましょう。 温タオルだと血流をよくしてしまうので余計に酷くなってしまう可能性があるのです。

ツボ押しで対処する方法
その他の対処法としてはツボ押しもあります。 目頭の内側にある睛明というツボ、後頭部の髪の生え際にある風池というツボ、目尻の後ろ側にある客主人というツボが目の疲れを改善させるツボとして有名です。 5秒くらいじっくりと押して様子を見てみましょう。

目をマッサージする方法
目のマッサージをするという方法もあります。これは温タオルなどで温めた後に行なうのが効果的です。
まずまぶたを何度か開いたり閉じたりします。 次に眼球を左右上下に動かすのです。疲れが改善することで血流も改善するので充血が取れるということです。

これらはあくまでも対処法なので改善されない場合にはすぐに病院を受診するようにしてください。 また、症状が改善された場合でも一時的な可能性があるので、気になるならなるべく病院に行った方が賢明だと思います。

それからコンタクトレンズによって充血が起こっていることも多いので、新しいコンタクトレンズに変えてみたり、コンタクトレンズ自体を止めてメガネにしてみるなどの対処も必要ですね。