足の裏 ほくろ 癌 悪性

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。

足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、がんへと進行する恐れもあるのです。
スポンサードリンク

さまざまなほくろの治療方法

足の裏にあるほくろは悪性のほくろである可能性があります。

 

その為に足の裏のほくろを取りたいと思う方は、ます、皮膚科で足の裏のほくろが本当に悪性のほくろなのか、病理検査で調べるとよいでしょう。その結果、悪性のほくろであると診断されれば、取り除くことを検討しましょう。

 

ほくろを取り除く方法としては、近年ではレーザー治療が主流となっていて、ほとんどのほくろの場合レーザー治療で取り除くことができます。

 

ただ、すべてのほくろをレーザー治療で取り除くことはできず、形の大きなものや皮膚の奥の方まであるほくろ、皮膚よりおきく飛び出しているほくろは、レーザー治療では取り除くことはできません。

 

レーザー治療で取り除くことのできないほくろは、切除や縫合をして取り除きます。レーザー治療でのほくろの切除は、時間が短く患者負担が少なくて済むことで、たいへんメリットがありますが、切開して切除する方法は、完全にほくろを取り除くことができますので、悪性のほくろの場合の切除は、この方法がメリットがあるでしょう。

 

足裏のほくろが大きいなどで、レーザー治療ができない場合は、ほくろを切開して縫合しますので、術後に雑菌に感染しないように十分な消毒が大切になります。

 

ほくろを完全に取り除きたい方は、6ミリ以下の小さなほくろであれば、くりぬき法という施術方法があります。