ほくろ レーザー治療 除去 癌

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。

足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、がんへと進行する恐れもあるのです。
スポンサードリンク

ほくろをレーザー治療で除去

足の裏にできたほくろは、悪性のほくろである可能性が高く、がんへと進行する恐れがあります。もし、足の裏にほくろなる方は少し心配になると思います。

 

足の裏にほくろのある方は皮膚科でそのほくろが良性か悪性か病理検査で調べて頂いて、悪性であれば除去していただくようにすればよいでしょう。

 

ほくろを除去する方法としてレーザー治療がありますが、現在では皮膚科でもレーザー治療を行っているところがあります。足の裏にできたほくろが悪性でがんへの進行の可能性があって心配になるのであれば、このようなレーザー治療を行う皮膚科で除去していただければ心配もなくなるでしょう。

 

足裏のほくろに限らず、ほくろを除去する治療はレーザー治療が主流になっています。もちろんほくろの除去には他にいろいろな方法があります。

 

ほくろのレーザー治療のよいところは、施術時間が短時間で済むことです。その為に患者負担も少なく、痛みもほとんどない施術で、もう終わったの?と思うほど負担は感じられません。

 

ただ、レーザー治療のデメリットして、施術を行うところでは、ほくろが良性か悪性か調べないで、切除治療だけ行うことがありますので、どちらか知りたい時は皮膚科で病理検査を行う必要があります。

 

また、大きなほくろや出っ張っているほくろ、皮膚の中まである奥深いほくろには、レーザー治療は向いていません。