ほくろ 女性ホルモン がん 悪性

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。

足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、がんへと進行する恐れもあるのです。
スポンサードリンク

ほくろと女性ホルモンの関係

ほくろと女性ホルモンもは以外に関係があり、妊娠中にほくろが増えるという女性もいます。誰でも幼少期にはほくろはほとんどなく、小児期から思春期にかけて増えていきます。

 

また、日光の紫外線に当たる量によってほくろも増えていき、さらに、肌の元々の色によってもほくろの目立ち方が違います。

 

肌の色が白い方は日光の紫外線に当たるほど、ほくろは増えていきます。また、肌が白いのでほくろが薄い色でもよく目立ちます。さらに、女性の場合はほくろの色が黒く濃くなることがあります。

 

女性のほくろが黒く濃くなるときは女性ホルモンが関係していて、女性ホルモンの量が多いときにほくろは濃くなります。女性ホルモンが多いときでは、女性が妊娠しているときになります。

 

妊娠しているときはほくろも増えやすくなり、数が増えることになります。また、ほくろだけでなくメラニン色素が関係していることで、そばかすも増えると感じる女性もいます。

 

女性が妊娠から出産へ向かうときに、自分の身体でほくろを気にすることがあまりないかも知れないので、気が付くまでに後になってからという方も多いでしょう。

 

出産後も赤ちゃんの子育てで忙しく、ほくろまで気にならなりと思います。女性の方は妊娠・出産の時に女性ホルモンが増えることで、ほくろも増えることを覚えていてください。