足の裏 ほくろ 癌 大きさ

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。

足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、がんへと進行する恐れもあるのです。
スポンサードリンク

ほくろのある場所と大きさ

ほくろは身体の至る所にできますが、その形にもいろいろな形があり、また、大きさもさまざまです。ほくろの形は立体的に考えてみます。

 

ほくろの形が一番外からよくわかるものは、皮膚から外へ盛り上がった形のほくろです。反対にわかりにくいほくろは、皮膚より盛り上がっていない、平面なほくろで内部のどこまでほくろになっているかわからないからです。

 

ほくろは生まれてから成長するときにいつの間にかできていることがほとんどで、生まれつきにあるほくろは、大きさの直径が1.5センチ以上の大きなものがこれに当たると考えられています。

 

ほくろの形はいろいろありますが、皮膚の表面に出ている形もさまざまで、イボのような形をしているほくろや、ほくろの色が一色のものや濃淡の色の変化のあるもの、ほくろの中心から毛が生えているものなどあります。

 

また、ほくろには皮膚の表面にあるように見えるほくろや、皮膚の表面より中の方にあるように見えるほくろもあります。ほくろのある位置が皮膚の表面より深い部分にあるほくろや浅い部分にあるほくろがあります。

 

一般に皮膚より深いところにあるように見えるほくろは、ほくろの厚さの薄い、浅いほくろの場合が多いようです。足の裏にできるほくろの場合は、皮膚の浅い部分にできているほくろだと言われています。

 

もし、形の大きなほくろがあれば、その厚みも厚く、深い部分までほくろになっていると考えられます。