足の裏 ほくろ 癌 悪性

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。

足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、がんへと進行する恐れもあるのです。
スポンサードリンク

あなたのほくろは大丈夫?

ほくろが生まれたときからたくさんある赤ちゃんは、あまり見かけないと思います。身近に赤ちゃんがいる方は観察してみて下さい。多分、ほくろはほとんどないと思います。

 

また、身体にほくろの多い赤ちゃんなんて聞いたことがありません。そうするとほくろは、成長する段階で徐々に増えていることになります。

 

ほくろができる原因は、紫外線に当たることで皮膚の細胞が活性化されて、メラニン色素が増えてほくろになると言われます。
また、皮膚に刺激が加わることでほくろになると言われます。

 

身体の中でよく刺激を受ける場所として、足の裏があると思います。足の裏は歩くときに自分の身体を支えるなど、さまざまな刺激を毎日受けています。

 

ほくろには良性のものと悪性のものがあり、足の裏にできるほくろは悪性のものになることが多いといわれます。これは足の裏にできるほくろはいろいろな刺激をよく受けるので、この刺激によってほくろが悪性になる可能性が高いという理由です。

 

また、欧米人に比べて東洋人は足の裏にほくろができやすいということも理由にあります。しかし、一概に日本人の足裏のほくろが悪性のほくろになると言うことではなく、明確に証明するものはありません。

 

ただ、悪性のほくろには特徴があり、形が対称的でない、色にむらがある、ほくろの境界がハッキリしていない、大きさが急に大きくなった、盛り上がっているという特徴があれば、皮膚科でほくろの病理検査を行って下さい。