足の裏 ほくろ 癌 悪性

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。

足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、がんへと進行する恐れもあるのです。
スポンサードリンク

ほくろの悪性と良性

ほくろは誰でも見ればほくろであることは直ぐにわかります。しかし、ほくろには良性のものと悪性のものがあります。

 

日本人の場合、手のひらにあるほくろと足の裏にあるほくろは、悪性のほくろが多いと言われています。

 

ただ、これらのほくろが全て悪性のほくろであることはなく、悪性であるか良性であるか調べるには、皮膚科へ行って検査を受ければどちらかわかります。

 

検査方法は、ほくろの一部を切除して病理検査を行えば、どちらのものかわかります。ほくろがこの位置にある方で、大人になってからできたほくろがあれば、一度皮膚科で病理検査を行えばハッキリします。

 

悪性のほくろとは悪性黒色腫といい、ほくろがガン化するものを言います。つまり悪性のほくろは悪性の腫瘍の一種で、メラノサイトが原因で皮膚の細胞がガンに移行するものを言います。

 

メラノサイトは皮膚の他の部分や眼、口腔粘膜などにあり、なぜガン化するのか詳細な原因はハッキリわかっていません。

 

しかし、日光の当たる場所のほくろは、紫外線が原因で起こると考えられていて、日光のあまり当たると考えられない場所は刺激が原因であると考えられています。

 

この悪性のほくろである悪性黒色腫は人間にだけできるものではなく、いろいろな動物にもみられる病気になります。