足の裏 ほくろ 癌 悪性

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。

足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、がんへと進行する恐れもあるのです。
スポンサードリンク

ほくろはなぜできるのか?

ほくろは体中どこにでもできますが、ほくろはなぜできるのでしょうか。先天性のほくろ、つまり生まれつきあるほくろは別にして、ほくろは気付かないうちに増えていきます。

 

以前はなかったほくろが、いつの間にかできているということはあります。ほくろは小児期から思春期にかけて少しずつ増えていきます。
ただ、いつできたのかは気付かないほど、自然にできます。

 

ほくろができる原因は、太陽の紫外線が皮膚の細胞を活性化して、細胞の中にあるメラニン色素を増やすことで、やがてほくろになります。
紫外線に当たるとシミやソバカスが増えることと同じで、皮膚の細胞が活性化してほくろになります。

 

また、ほくろができる原因には、皮膚が刺激を受けることでその部分の細胞が傷つき、メラニン形成細胞に悪い影響を与えてほくろになると考えられています。

 

このような場合は、例えば足の裏など日光の当たらないような場所にもほくろはできますので、このようなことが原因でほくろができると思われています。

 

足の裏などは、人の身体の体重を支えていて、歩くときにはさまざまな機能を担っています。このような皮膚への刺激がほくろのできる原因ではないかと考えられます。

 

ほくろができるときは何も症状もなくできますので、これに気付くことは難しいでしょう。