足の裏 ほくろ 癌 悪性

足の裏 ほくろほくろは体中どこにでもできるもので、大きさもいろいろあります。ほくろは母班(ぼはん)という病気として考えられていて、黒いあさと捉えられています。
足の裏にできるほくろは、悪性である可能性も高く、放置するとがんへ進行する恐れもあるため注意が必要です。
スポンサードリンク

ほくろの基礎知識

ほくろは医学的には色素性母斑といい、メラニン色素が関係しています。ほくろは黒いあざと考えられていますが、ほくろとあざの違いは、一般的に小さなものがほくろと言い、大きなものをあざと言います。

また、ほくろには平たく平らなものや少し隆起したもの、イボのように大きく膨らんだもの、中心に毛が生えているものなどいろいろなものがあります。

顔にできているほくろでも小さなものであれば、それほど気にならないでしょうが、もし大きなあざが顔にあって、しかも毛の生えるあざであればとても気になります。

あざは先天性の生まれつきあるものですが、このようなあざがある場合は、皮膚科に行ってあざを除去する相談をされた方がよいでしょう。

また、あざには悪性のものがあり、あざのある方は一度、医師に診ていただくことをオススメします。あざの治療には皮膚科か形成外科で診ていただきます。

もしあざが悪性のものであれば除去することも考えて、医師と相談しましょう。ほくろについても、最近では、比較的簡単に除去することもできますので、一度、医師に相談してみましょう。