前立腺肥大症 治療 症状 手術

前立腺肥大症 治療男性特有の病気に前立腺肥大症という病気があります。前立腺は男性にしかなく、この部位が大きくなる病気です。
前立腺のある位置は、身体を横から見て恥骨と直腸の間にあり、上部が膀胱に、背部が直腸に付いています。
スポンサードリンク

前立腺の基礎知識

前立腺の大きさは親指と人差し指で丸を作ったぐらいの大きさで、上下が2.5センチ、左右が3.5センチ、前後に2センチほどで、重さは10〜15グラム程度です。

前立腺の中心を尿道と射精管が通っていて、その外側を内線といい、さらに外側を外線といいます。前立腺肥大症は、この内線の部位が肥大して発症します。前立腺肥大症は高齢の男性に起こりやすく、50歳を超えると5人に1人の割合で発症しています。

前立腺肥大症の症状は、排尿トラブルです。高齢になれば男性にも女性にも排尿トラブルは起きるようになりますが、その一つに前立腺肥大症があります。

前立腺肥大症は、直接に命を脅かすものではありませんが、潜在的に前立腺肥大症に罹っている方もいて、症状が出ないままに放置されて治療を受けていない方もいます。

前立腺に発症する病気には前立腺肥大症の他に、前立腺がん、前立腺炎があります。高齢になれば起こりやすくなる排尿トラブルは、もしかすると病気が潜んでいることがありますので、定期的な検診が重要になります。