クラミジア 治療 感染症

クラミジアクラミジア・トラコマチスの感染によって発症する病気には、性器クラミジア感染症があります。

感染原因はこの感染症のある方と性交、オーラルセックス、キスなどにより粘膜に感染します。男性の場合咽頭、尿道に、女性の場合膣内に感染します。また、口の粘膜に感染することもあります。このことから、STD(性行為感染症)といいます。
スポンサードリンク

クラミジアが引き起こす病気

クラミジア(クラミドフィア)とは、細菌の一種で偏性細胞内寄生体といいます。偏性細胞内寄生体とは、人や動物のように食物を食べてエネルギーを産生して生命を維持するものと違い、他の細胞に寄生してエネルギーを取り、自分の生命を維持します。

 

その為に、クラミジアにはエネルギーを作り出す機能が最初からありません。

 

クラミジアの種類は、4種類が代表的なものになります。その中のクラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)は人に感染して、トラコーマや性器クラミジア感染症を発症させます。このクラミジアが人に最も多く感染しているでしょう。

 

また、牛や羊などの家畜に感染するChlamydia pecorumや、Chlamydophila psittaciは人と鳥類の間で感染する可能性があり、オウム病の原因にもなっています。Chlamydia pneumoniaeはクラミジア肺炎やクラミジア気管支炎の原因となります。

 

クラミジアによる感染症の治療は、クラミジアには細胞壁にペプチドグリカンがないという特徴があり、ペニシリン系・セフェム系などのβラクタム抗生物質が有効に効かないために、マクロライド系・テトラサイクリン系・ニューキノロン系の抗菌剤で治療を行います。また、クラミジアが耐性を持たないように、治療には注意が必要です。