クラミジア 治療 新生児

クラミジアクラミジア・トラコマチスの感染によって発症する病気には、性器クラミジア感染症があります。

感染原因はこの感染症のある方と性交、オーラルセックス、キスなどにより粘膜に感染します。男性の場合咽頭、尿道に、女性の場合膣内に感染します。また、口の粘膜に感染することもあります。このことから、STD(性行為感染症)といいます。
スポンサードリンク

新生児とクラミジアによる影響

性器クラミジア感染症に罹っていることが、妊娠の検査でわかることがあります。女性の場合、性器クラミジア感染症に罹っていても、自覚症状がほとんどありませんので気付かないことがよくあります。

 

性器クラミジア感染症に罹っていて、そのときに妊娠していると胎児への影響がかなり心配されます。

 

性器クラミジア感染症の治療には、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキロノン系の抗生物質を使いますので、この抗生物質の影響が懸念されます。

 

しかし、治療にはこれらの抗生物質を2週間程度服用しますが、クラミジアが完全に死滅するまで飲み続けなければ、薬に対して耐性を持ったクラミジアへ変異して、治療がさらに難しくなります。

 

また、産道感染によりクラミジアが胎児に感染すると、結膜炎、肺炎を発症する恐れがあります。夫婦のうち妻が性器クラミジア感染症を発症している場合、夫にも感染の疑いがありますので、夫婦二人とも治療が必要になります。

 

夫婦のどちらに感染源があったのかを問題にするのではなく、生まれてくる赤ちゃんのことを一番に考えることが大切です。

 

性器クラミジア感染症に妻だけが罹っていた場合や、感染源が夫の場合、または夫婦以外の別の人からの感染など、さまざまな憶測が考えられますが、どのような場合でも赤ちゃんの命を大切に考えることが重要です。