クラミジア 治療 感染症

クラミジアクラミジア・トラコマチスの感染によって発症する病気には、性器クラミジア感染症があります。

感染原因はこの感染症のある方と性交、オーラルセックス、キスなどにより粘膜に感染します。男性の場合咽頭、尿道に、女性の場合膣内に感染します。また、口の粘膜に感染することもあります。このことから、STD(性行為感染症)といいます。
スポンサードリンク

自覚症状の乏しさに注意

クラミジア感染症の特徴である、特に女性に症状がないことは、強い痛みがないからいいということではなく、感染症の発見が遅れるということが心配されます。クラミジア感染症に感染していても気付かないために、病状を進行させて性器だけの感染にとどまらず、他の部位にも感染が広がります。

 

男性の場合は、尿道から尻尾い膿が出るといった自覚症状がありますので、早くに感染症を発見できますが、それを放置しますと前立腺炎、副睾丸炎(精巣上体炎)、肝炎、腎炎を発症することがあります。

 

女性の場合、自覚症状が現れにくいのですが、下腹部に痛みを感じることや、おりものが急に増えたという症状は注意する必要があります。ただ、下腹部の痛みやおりものの量が増えることは、普段からもあるようなことなので、見逃しがちになります。

 

しかし、もし、クラミジア感染症が発症していて放置した場合、子宮頸管炎・、管炎になり、さらに進行すると骨盤腹膜炎になり肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)を引き起こすこともあります。

 

女性がクラミジア感染症を発症していることが、妊娠の検査で発見された場合は、出産や生まれる新生児にも影響が考えられます。

 

クラミジア感染症を発症していて出産をする場合、産道感染により新生児が結膜炎、肺炎を発症することがあり、さらに、クラミジア感染症の治療薬である抗生物質が、新生児に影響を与えないとも考えられないことです。

 

特に女性はクラミジア感染症の自覚症状が乏しいので、普段より注意が必要です。