クラミジア 治療 予防

クラミジアクラミジア・トラコマチスの感染によって発症する病気には、性器クラミジア感染症があります。

感染原因はこの感染症のある方と性交、オーラルセックス、キスなどにより粘膜に感染します。男性の場合咽頭、尿道に、女性の場合膣内に感染します。また、口の粘膜に感染することもあります。このことから、STD(性行為感染症)といいます。
スポンサードリンク

クラミジア治療と予防

クラミジアに感染してクラミジア感染症が発症した場合、どの医療機関へ行けばよいでしょうか。男性の場合、クラミジア感染症が発症した場合、自覚症状として尿道から白い膿が出ますので、病院の泌尿器科か性病科を受診します。

 

女性の場合は感染していることも気付かないことが多く、クラミジア感染症を疑う場合、産婦人科か性病科を受診します。また、オーラルセックスによって喉に感染する場合もありますので、この場合は耳鼻咽喉科を受診します。

 

クラミジア感染症の検査は、患部より体液を採取してクラミジアがあるか調べます。この検査でクラミジアがあることがわかった場合、治療にはテトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキロノン系の抗生物質・抗菌剤を使って治療を行います。

 

クラミジア感染症は、これらの抗生物質を服用して数日経てば症状は直ぐに治まりますが、クラミジアの細菌は完全に死滅しておらず、身体の中に残っています。

 

その為に、症状がなくなっても2週間は抗生物質を服用し続けて、細菌が完全人死滅するまで治療します。クラミジア感染症で大切なことは、患者の自己判断で薬の服用を止めないことです。

 

身体にクラミジアがまだの残っているときに薬を止めると、クラミジアが薬に対して耐性を持ち、その後薬の効かないアジスロマイシン耐性のクラミジア(アジスロマイシンが効かないクラミジア)が身体の中に増えていきます。こうなると治療も難しくなります。

 

性器クラミジア感染症の予防には、感染症の方と性交しないことが第一条件ですが、これを判断することは難しいので、無責任な性交はしないこととコンドームを使用することです。