クラミジア 治療 感染症

クラミジアクラミジア・トラコマチスの感染によって発症する病気には、性器クラミジア感染症があります。

感染原因はこの感染症のある方と性交、オーラルセックス、キスなどにより粘膜に感染します。男性の場合咽頭、尿道に、女性の場合膣内に感染します。また、口の粘膜に感染することもあります。このことから、STD(性行為感染症)といいます。
スポンサードリンク

性器クラミジア感染症とは

クラミジアによる感染症には、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)によって発症する性器クラミジア感染症があります。

 

この性器クラミジア感染症はSTD(性行為感染症)といい性交・オーラルセックス・キスなどにより粘膜に感染します。性器クラミジア感染症は症状がなく、特に女性は感染していても気付かずに放置されることがあります。

 

男性の場合は尿道から透明な膿が出るために発見が早くなります、また、男性の場合、クラミジアが体内の深部へ感染すると尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎になることがありますので、気付かずに放置されることはありません。

 

女性の場合は進行すると子宮頸管炎・卵管炎を発症します。さらに進行すると骨盤腹膜炎や肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)を発症することもあり、深刻な場合、不妊になることもあります。

 

これは、受精しても受精卵が着床せずに、妊娠に至らないケースです。女性の場合はクラミジアに感染していても気付かずに、妊娠の検査で始めてクラミジア感染症が発見されることもあります。

 

クラミジア感染症があって出産を行うと、産道感染により新生児が結膜炎・肺炎を発症する危険性もあります。また、クラミジア感染症の治療に使う抗生物質が新生児への影響も懸念されます。